本文へスキップ

この会は、絶滅状態の国蝶、オオムラサキを地元市川で復活させることを目的としたボランティアの集団です。









 

自然環境保護の

市民活動事業

オオムラサキ通信

 

創設6周年記念号

 201912

NPO法人市川にオオムラサキを生息させる会

ごあいさつ

 今年は、2度にわたる大きな台風により、多くの方が被災されました。猛烈な風や

集中豪雨による被害が続き、なかには亡

くなられた方もおり、心よりご冥福をお祈り

いたします。

 最近は、台風が来てもあまり驚かなくなっていましたが、あらためて「台風は怖いもの」という思いを再認識させられたところです。

 ところで、我が家では5月から小さな

飼育小屋で、オオムラサキを飼育していま

したが、この2回の台風にもめげず、無事越冬段階に入ったようです。

 

 

 特別な対策は何もしておりませんでした

ので、自然界にすむ生物たちの強さという

ものにも感嘆いたしました。

これほどの生命力の強さを持ったオオ

ムラサキたちですが、先日の環境省の

調査では、里山にたくさんいると考えられ

ていたチョウたちの約4割が「絶滅危惧」

に相当するレベルまで激減しているという

発表がありました。

原因として考えられるのは、幼虫の食樹と

なるエノキやエゾノキ、成虫が集まるクヌギ

やナラなどの樹液の減少と言われています。

 

 

 あらためて、ささやかではありますがオオム

ラサキの飼育・繁殖を願う私たちの活動の

意義を再認識したところです。

また、未来を担う子どもたちには、自然

を守り維持していこうとする気持ちを持ち、

具体的な行動の起こせるようになってほし

いと願うところでもあります。

 

 来年も、ぜひ皆様のご理解とご協力を

賜りますよう、お願い申し上げます。    

          

理事長 川添 茂

本年度の事業活動報告

 主な事業活動内容は次の通りです。

 1)オオムラサキ幼虫供給、飼育指導、

   エノキ苗木管理 対象先は、中山小学

  校、若宮小学校、若宮幼稚園、

  富貴島幼稚園

 2)自然博物館にオオムラサキ幼虫供給

 3)自然環境に関する啓発事業

 

教育支援NPO・ボランティア等

実践研究交流会参加予定

令和2229日(土)

さわやか県民プラザ

 

  本年6月より、理事長を元中山小学校校長の川添 茂先生に、引き継いで頂くこととなりました。

 オオムラサキの飼育活動を今日まで  進めることが出来たのは、皆様のご理解

とご支援があったことと心より感謝しております。

まだ、生存率を高める方法とか交尾を

させるための飼育小屋の改良とか、いろ

いろ問題は残っていますが、川添先生と

協力して解決していく所存です。

 

 本年度は、市立自然博物館の学芸員、金子謙一先生の指導を受け人工交尾で、出来るだけ早く市内で卵からのオオムラサキ誕生を願っております。

 オオムラサキ以外のチョウについも、例え

ばジャコウアゲハの好む草花を植えての

繁殖に努めたいと考えております。

 

 引き続き、皆様のご支援・ご協力を

宜しくお願い致します。

             村井 吉和

バナースペ-ス

市川にオオムラサキを生息させる会

〒272-0813
千葉県市川市中山1−14−11

TEL 090-8963-3608
FAX 047-332-5266